建設業と不動産業における新型コロナの影響!(No.7)

昨今の新型コロナウィルスにより、建設業及び不動産業への影響を書いていこうと思います。(あくまでも私の個人的な意見です)
当社の建設(地盤、測量、申請)部門への影響は少しづつ出てきました💧
この状況ですので、家を購入しようと思う人が少なくなるのは当然ですよね(-_-;)
また、多くの会社は売上減少に伴い、資金繰りの悪化や、最悪倒産する企業がバンバン出てくるでしょうね💦
当社の建設部門は、ほぼ注文住宅の関連事業をしていますのでまだマシですが、建売住宅の方は土地の仕入れがストップしている状態なので、当然に新築が建たない=新しい仕事がない状態となっているようです。。
もともとパワービルダー等の建売業者は3月の決算に向けて仕入れより在庫整理を年明けから行っていく傾向があるところに、そのままコロナの影響で現在も仕入れを止めている状態になっているそうです💧
そして不動産業の方は特に賃貸仲介が止まっていいますね(>_<)。
この状況なので引っ越しを考える方も少なくなるでしょうし、転勤等もなくなって人が動かない状況になっています。
現在、当社は管理物件しか賃貸仲介をしないので、直撃はしていないですが知合いの賃貸業者の社長に話を聞くと対前年比で6割減と言っていました(-_-;)
特に賃貸仲介の繁忙期である2月~3月がコロナの影響で吹っ飛んでしまったようです。。。
売買の買取と仲介部門は売却依頼はありますが、その先の打合せ等ができにくい(ほぼできない💧)状態になっています。

何回見ても嫌な写真ですね~💧

そうは言ってもこの時期にしかできない営業方法や、今まで即効性のある営業しかしてきていないので、回り道している営業方法や既存のお客様からのご紹介や今だからできる新規事業のベース作り等を考えて、その後に高く飛ぶための準備をやっております(^^)/
(高く飛ぶ為には、一度しゃがまないといけないですからね~(`・ω・´)b)
そして、私が勝手に考えるコロナ収束が感じられる時期は・・・・
\(^^)/ 8月 \(^^)/ と勝手に予想しております!!(希望も含めて!)
最近の話では、新型コロナ治療薬としてレムデシベルや、日本のアビガンがコロナウィルスに効果がありそうですし、特例承認の話もあるみたいですよね~!!
今までは治療薬がなかったので不安が拡大もしてましたし、その不安が恐怖になり非常事態宣言にまで発展しましたが、治療薬が存在するとなれば、不安や恐怖はかなり減速すると私は勝手に思っています(^^)
あとは減速した経済の治療薬を政府がしっかり打ってくれれば、すぐに戻るとは思いませんが回復していくのではないでしょうか(^^♪
それもこれも、GWの行動次第で今後の結果が変わってくるのではないでしょうか!
私も日本のコロナ対策として決まった以上、連休は家にいます(笑)
皆さんも家で連休を過ごして、少しでも早くコロナを乗り切りましょう(^^)♪

地盤調査・改良工事・測量・申請業務の事なら株式会社国保住建にお任せください

カテゴリー

アーカイブ

PAGE TOP